浜松・岡崎で新築分譲住宅を建てるならベスト・ハウジングへお任せください

ベストハウジングの家づくり
イメージ写真 3.木造住宅×耐震性×保証 安心安全な住宅
住宅の足元を支える「基礎」。柱や梁などを組んで骨組みを作る事で建物を支える「工法」。
家を建てる上でどちらも大切な事です。ベスト・ハウジングが行っている基礎工事・工法の一部をご紹介します。

オール4寸柱の丈夫な家

木造軸組工法(在来工法)を採用 イメージ ベスト・ハウジングは木造軸組工法(在来工法)を標準として採用しています。
日本で最も多く採用されている工法で、日本の伝統的な工法です。
木造軸組工法(在来工法)は、柱や梁で組み上げる事(軸組み)で、地震や台風などに耐えられる構造となっています。
また、合わせて筋交い(斜めの材料)や、柱や梁の接合部に金物を使っているので、強度が増します。これらも構造の重要な要素の一つとなっています。
この工法のメリットは、間取りの変更を伴うリフォームが比較的行いやすいことです。将来のリフォームの可能性を考慮して、間取りを計画すると良いかもしれません。 イメージ オール四寸柱 イメージ ベスト・ハウジングでは、通常、通し柱のみに使われる4寸角(12cm角)を、全ての柱(通し柱・隅柱・管柱)と梁幅に採用しています。
一般的には、コストが安いということもあり、3.5寸角(10.5cm角)の柱が使われることがほとんどです。
もちろん構造上、3.5寸角を使用した住宅でも問題はありません。
ですが、4寸角の場合、3.5寸角と比べると、断面積は1.3倍以上になり、従来と比べて、約1.5倍の柱・梁量で、強度が大幅にアップします。これにより、耐震・耐久性の高い家を提供することができるのです。 金物工法も採用 イメージ 岡崎支店では、通し柱と隅柱に4寸角を採用する以外に、金物工法を標準として採用しています。
金物工法とは、在来工法(木造軸組工法)をベースに、継手や仕口の代わりに接合金具を使用し、しっかりと軸組を固定する工法です。
木材を彫って組んでいく在来工法ではどうしても弱くなってしまう接合部を、継手や仕口を使わず金物に置き換えることで、梁や柱の断面欠損が少なく、とても強い構造体になります。
この工法のメリットは、<剛接>なので3階建てなどの高層、もしくは梁を大きく飛ばす空間が演出できることです。
また、組み立て方が簡単なので、現場での工期も早くなります。

継ぎ目のない頑丈な「一体ベタ基礎」

20cm間隔で縦と横に配置しています:厚さは15cm!継ぎ目のないベタ基礎です 建物の下全体に造られる基礎ですが、縁の下をもたない床をつくる場合や、軟弱な地盤の上につくる基礎構造を「ベタ基礎」といいます。継ぎ目のない厚さ150mmの基礎全体が一枚岩のようになっています。
ベタ基礎の配筋は、底板部にD13の鉄筋を20cm間隔で縦と横に配置し、鉄筋量をアップしています。地盤と基礎が一体化し、基礎全体で建物の重さを支えるため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。また、コンクリート一体型仕上げにより、内部を完全に土から遮断するためシロアリを防いだり、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。

全面基礎パッキン採用で豊かな通風が「木材」に優しさを

この黒い部分が基礎パッキン 基礎パッキング工法とは、基礎と土台の間に床下の換気を促す基礎パッキンを挟むように敷く工法ですが、ベスト・ハウジングでは基礎パッキンを全面に敷いています。基礎パッキンを敷くことにより、通気性の確保や床下の湿気溜まりを防ぐ効果などがあります。また、基礎コンクリートに通気口の穴を空けずに通気がとれるため、土台の材木等を乾燥させることができ、フィトンチッドという成分の発生により、シロアリが寄ってこなくなります。

剛構造・剛床構造

「剛構造」は在来の工法とは異なり、接合部をがっちり固めることで、柱や梁だけでも水平力に耐えられるようにした工法です。「剛床構造」は二階の床の下に構造用合板を敷き、二階全体の床を一体的な構造とする工法です。ベスト・ハウジングでは1階2階も「剛床構造」の二重構造を採用しています。28mm 厚の構造用合板を梁に直接張る事で、外力からに対する歪みを面構造がしっかり抑えるため、一般の在来工法に比べて約4倍の剛性があります。ベスト・ハウジングでは床全面にフローリング(厚さ12mm)と合わせて、28mm厚の構造用合板を貼り、厚さ40mm の剛性の高い床構造面を形成します。これにより、地震や台風などの際に起こる横からの強い外力に対して、強靱な構造で、家族の安全を守っています。また気密性も高く、上下階の気になる足音も床全体で吸収し、優れた防音効果も発揮します。 イメージ

安心の保証付き

土地付きで販売の為、地盤改良工事等を含んだ地盤保証となり、土地・建物一貫保証付でさらに安心です。オール四寸柱・ベタ基礎・剛構造・剛床構造などを採用した基礎と構造、そして地盤保証により耐震・耐久性の高い家作りを提案しています。

ベスト・ハウジングの3つのこだわり

建売住宅の常識を超えた建売住宅 一貫してるからこその安心 安心安全な住宅

住まいの仕様ラインナップ 施工事例はこちら

お家づくりや物件探しに関するご相談、お問い合わせはこちら。

ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
私たちベスト・ハウジングは、お客様の家づくりに対するこだわりやライフサイクルにあわせたご提案ができる会社こそ、
土地探し・家づくりのベストパートナーと考えます。
ベスト・ハウジングのご提案する家は1つではありません。
ベストパートナーとして、静岡県浜松市・愛知県岡崎市で新築分譲住宅をお探しの皆様に、注文住宅、建売住宅問わず、
お客様のこだわりをじっくりとお聞きした上で今できるベストなカタチ(住まい)をご提案させていただきます。
どうぞご不明な点やご質問など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
三つのこだわり
こだわり1

建売住宅の常識を超えた建売住宅

一つ目は、「お客様の夢をカタチにするため、建売住宅の常識を超えた建売住宅を創ること」です。
浜松・岡崎の総売上棟数3200棟以上のノウハウを生かし、従来のイメージを一新した建売住宅を創り出しました。
ポイントはバリエーション豊富な外観とこだわりの標準仕様、そして家事動線・生活動線に優れた間取りの3つです。

こだわり2

土地探しから施工後のアフターフォローまで長期にわたるお付き合い

二つ目は、地域に根付いた会社であることを生かし、「土地探しから施工後のアフターフォローまで長期にわたるお付き合いをさせていただくこと」です。
厳選された土地探しからスムーズなプラン打合せ、しっかりとした施工、そしてメンテナンス、アフターフォローまでを一貫して行っています。

こだわり3

安心・安全な住宅を創ること

三つ目は、「安心・安全な住宅を創ること」です。
基礎・工法を取り上げると、浜松は、木造軸組工法を採用し、全ての柱と梁幅に4寸角(12cm角)を使用しています。
岡崎は、通し柱と隅柱に4寸角を採用する以外に、金物工法を標準として採用しています。
また、土地付き販売の為、土地建物一貫保証付きですのでさらに安心です。
浜松・岡崎の土地・建売のことならベスト・ハウジングへ。

モデルハウス「ぬくもりの家」

モデルハウス浜松市中区泉「ぬくもりの家」公開中!
モデルハウスのテーマは「人と家計にやさしい住まい」です。

浜松市中区泉ピアゴ北隣にあるベスト・ハウジング浜松本社までお越しください。
モデルハウスは本社に隣接しています。
>詳しくはこちら

ページトップへ戻る

静岡県浜松市中区泉1-7-17
24時間メールで受け付け 資料請求・お問い合わせ
053-474-6252お電話でのお問い合わせ
営業時間 8:30~20:00
施工エリア 静岡県 / 浜松市中区|浜松市東区|浜松市北区|浜松市南区|浜松市西区|浜松市浜北区|浜松市天竜区|
磐田市|湖西市|
愛知県 / 豊川市|岡崎市|額田郡|

Copyright (C) 2013 BEST・HOUSING All Rights Reserved.