浜松・岡崎で新築分譲住宅を建てるならベスト・ハウジングへお任せください

会社案内

代表挨拶

代表取締役 江畑和昭 代表取締役 江畑和昭 出身は鹿児島県薩摩川内市

私の出身は、鹿児島県薩摩川内市です。
この「川内市」は「せんだいし」と読みます。「せんだいし」というと「仙台市」を思い浮かべる方が大半かと思いますが、九州新幹線が停まるんですよ。
前置きはこの辺にして、恥ずかしながら社長紹介ということで、今に至るまでを簡単にですが綴りたいと思います。

ベスト・ハウジングの起業に至る3つの思い

私は、大学を卒業後いくつかの企業を経験し、不動産会社に落ち着きました。その会社の転勤で浜松に移り住むことになったのですが、働いている上で、家を購入して頂いたお客様に対して、「もっと満足して頂きたい」「もっと喜んで頂きたい」「もっと安心して頂きたい」というこの3つの思いが徐々に大きく膨れ上がり、今の(株)ベスト・ハウジングの起業に至りました。

突然、会社を辞めて起業の準備を始めました。起業の準備中に一番慌てたのが、起業に必要な免許―「宅地建物取引主任者証」を取得していなかったことですね。若く熱い時期だったのでだいぶ思いが先走っていました。貯金もそこそこな当時の私には、妻と2人の子供、そして赤ん坊が1人。と、悠長に構えている時間はありませんでした。それから、慌てて受験申請をして猛勉強…そして何とか合格!会社を設立してから6ヶ月後の営業開始でした。

ベスト・ハウジングの第1棟目物件

事務所は、姫街道沿いの8坪の店舗を借りてのスタートでした。最初は、お金がなく1区画の分譲地すら買えない状況でした。そんな時に、以前より可愛がって頂いていた不動産会社の社長さんから所有している土地を提供して頂き、その土地に住宅を建てたのがベスト・ハウジングの第1棟目です。
さらに、その社長から「土地代金は売れた時でいいから。頑張ってやれよ。」と言って頂きました。また、建物の建築代金もなかったのですが、これも建設会社の社長から「お前が独立して住宅会社を始めるのなら、俺に任せろ。どうせお金がないんだろう。代金は売れてから払ってくれればいい。」と言って頂き、建築費も払うことなく家を建てる事が出来ました。このお二方には今でも感謝に絶えません。

でも、そこからが大変でした。
建てる事は出来たけれど、早く売ってお金を支払わなければというプレッシャーが重くのしかかってきました。広告を出すにしてもお金が掛かる為、手作りで広告のチラシを作成し、コピー機で毎日1000枚ずつ刷り、各家庭のポストに投函する毎日でした。
最初の頃は全く反響がなく、1週間、2週間、1ヶ月と時間だけが過ぎていきました。2ヶ月が経った頃やっとのことで初めて反響がありました。

初めての契約

独立して初めてのお客様。今までの経験もありますし緊張しないと思っていたのですが、言葉がカタコトでまともに話せない自分に驚きました。お客様からも新人さんと言われる始末(笑)。また、このお客様は事務所を見てみたいとの事で、古い8坪の貸し店舗を見にいらっしゃいました。停めにくい駐車場に苦労して駐車して頂き、会社に入って最初の一言「ところで何人でやっているの??」嫌な質問がきたと思いました。どう思われるか不安になりながら「私と事務(妻)と二人です。」と正直に答えました。でもこの方はそれ以上質問をすることもなく、契約をして下さいました。

それから数年後、会社の規模も少し大きくなり、最初のお客様のお宅を訪問し、当時のことをお伺いしました。すると奥様は、「この会社、大丈夫かしら?という話し合いはよくしたわよ(笑)。でも会社はどうあれ、家もきちっとしているし、あなたも嘘をつく人には見えなかったし、家の事について色々と話し合っている時にしたちょっとした約束も忘れずにしっかり守ってくれたから決断したの。最近、ベストの折込チラシも良く見るし、会社も大きくなったんだね…感激!今でもよく主人と、私たちの目に間違いはなかったわね!と、時々話すのよ。」と話して下さいました。初心に戻り、より一層頑張ろうと思った瞬間でした。

お客様の満足のために

あれから我武者羅に働き、あっという間に20年が経ち会社も大きく成長しました。
社員も増え対外的には基盤のしっかりした大きな会社だと言われるようになりました。しかし節目の20年を迎え、今までを振り返るにあたり、何かしっくりこない気持ちが湧き上がってきました。「私を含め、社員全員が初心を忘れずにお客様と接することができていただろうか。」「お客様に本当の意味でご満足頂けていたのだろうか。」「購入後の安心感を十二分に感じて頂けていただろうか。」と、様々な事が脳裏を駆け巡り、本当にこれでよかったのかと疑問符が浮かんでまいりました。自問自答を繰り返し今一度、私自身と会社全体を総点検し、今できることをすべてやろうと思い、現在「建売住宅」や「アフターフォロー」の強化に積極的に取り組んで居ります。

20周年を迎えさせて頂いた感謝の気持ちを忘れず、また、これからご購入頂くお客様に対しても万全な体制を整えておくことは勿論、真摯な応対を心掛けていく所存です。これからも弊社を温かい目と広い心で見守って頂ければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。

お家づくりや物件探しに関するご相談、お問い合わせはこちら。

ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
私たちベスト・ハウジングは、お客様の家づくりに対するこだわりやライフサイクルにあわせたご提案ができる会社こそ、
土地探し・家づくりのベストパートナーと考えます。
ベスト・ハウジングのご提案する家は1つではありません。
ベストパートナーとして、静岡県浜松市・愛知県岡崎市で新築分譲住宅をお探しの皆様に、注文住宅、建売住宅問わず、
お客様のこだわりをじっくりとお聞きした上で今できるベストなカタチ(住まい)をご提案させていただきます。
どうぞご不明な点やご質問など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
三つのこだわり
こだわり1

建売住宅の常識を超えた建売住宅

一つ目は、「お客様の夢をカタチにするため、建売住宅の常識を超えた建売住宅を創ること」です。
浜松・岡崎の総売上棟数3200棟以上のノウハウを生かし、従来のイメージを一新した建売住宅を創り出しました。
ポイントはバリエーション豊富な外観とこだわりの標準仕様、そして家事動線・生活動線に優れた間取りの3つです。

こだわり2

土地探しから施工後のアフターフォローまで長期にわたるお付き合い

二つ目は、地域に根付いた会社であることを生かし、「土地探しから施工後のアフターフォローまで長期にわたるお付き合いをさせていただくこと」です。
厳選された土地探しからスムーズなプラン打合せ、しっかりとした施工、そしてメンテナンス、アフターフォローまでを一貫して行っています。

こだわり3

安心・安全な住宅を創ること

三つ目は、「安心・安全な住宅を創ること」です。
基礎・工法を取り上げると、浜松は、木造軸組工法を採用し、全ての柱と梁幅に4寸角(12cm角)を使用しています。
岡崎は、通し柱と隅柱に4寸角を採用する以外に、金物工法を標準として採用しています。
また、土地付き販売の為、土地建物一貫保証付きですのでさらに安心です。
浜松・岡崎の土地・建売のことならベスト・ハウジングへ。

モデルハウス「ぬくもりの家」

モデルハウス浜松市中区泉「ぬくもりの家」公開中!
モデルハウスのテーマは「人と家計にやさしい住まい」です。

浜松市中区泉ピアゴ北隣にあるベスト・ハウジング浜松本社までお越しください。
モデルハウスは本社に隣接しています。
>詳しくはこちら

ページトップへ戻る

静岡県浜松市中区泉1-7-17
24時間メールで受け付け 資料請求・お問い合わせ
053-474-6252お電話でのお問い合わせ
営業時間 8:30~20:00
施工エリア 静岡県 / 浜松市中区|浜松市東区|浜松市北区|浜松市南区|浜松市西区|浜松市浜北区|浜松市天竜区|
磐田市|湖西市|
愛知県 / 豊川市|岡崎市|額田郡|

Copyright (C) 2013 BEST・HOUSING All Rights Reserved.